読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

今まで投資したことのない業種

考えごと 投資

気づいてみると投資したことのない業種が結構ある。

百貨店とスーパーも投資したことがない。

 

百貨店はインバウンドが落ち着いたこともあって業績が落ちている。伊勢丹新宿店ですら状況は厳しい。百貨店という業態自体に魅力がなくなってきている。服ならユニクロユナイテッドアローズなどがあるしネットではゾゾタウンがある。家具はニトリがあるし、家電は量販店で済む。雑貨は無印良品などがある。百貨店へ行かなくとも事足りるし、そもそも価格が高い。

百貨店が生き残るには高級品に特化するぐらいしかないかもしれない。するとあんなに大きく広いスペースは必要なくなり、売り場を貸す不動産業に変化するのではないか。ネット通販の拡大も百貨店の衰退に拍車をかける。

同じようにスーパーも厳しい。専門店に敵うわけもなく、イトーヨーカ堂やイオンが苦戦しているのは明らかだ。ただ食品スーパーは残るだろう。肉・魚・野菜・果物など食材を一箇所でまとめて購入できることは大きなメリットだからだ。スーパーの中で業績がいいのはほとんど食品スーパーだ。

 

投資の対象となるには、その企業が必要とされる存在でなければならない。時代の流れによって必要とされることも変化する。当たり前だけど、大事なことだ。ブラック企業というのも長い目でみれば衰退してくだろう。

そういえば従業員が過労死した電通のような広告代理店も衰退するのではないかと感じている。

状況を利用するということ

アベノミクスが始まる前は株価は低迷していて、長い間投資パフォーマンスが上がらず苦しかった。だがアベノミクスが始まったことによって状況が一変した。苦しくても投資を続けていたことでこの恩恵を得ることができた。

ただ、私はアベノミクスについては評価していない。第3の矢である成長戦略はいまだにあやふやだ。結局は時間稼ぎに等しくツケを後に回しただけだ。

だからこそこのアベノミクスという状況を利用しない手はないと思う。

アベノミクスによって株価が上昇すると考え、実際に投資を始めた人はどれくらいいるのだろう。少なくとも私の周りにはいない。給料が上がらないのなら何か収入を増やす方法はないか考えて実行した人は意外と少ないのだろう。

経済格差が問題となっているが、こういう状況を利用するか否かでも少しずつ格差に影響してくるのかもしれない。

日本の将来の経済状態について私は悲観的に見ている。そういう状況になったときどうするか、考えておくべきだと思っている。悲観的に見ているけど悲観してはいないのだ。

投資の日

考えごと

今日10月4日は「投資の日」だそうだ。

投資をする目的は人それぞれだが、私は経済的な自由を得たいと思って投資をしている。言い換えれば労働から解放されたいと思っている。

そんな中、日経電子版のある記事に目が留まった。

厚生労働省が発表した厚生労働白書によると、「60歳以上の人の6割以上が65歳を超えても仕事がしたいと考えている」という。

これを読んで、本当か?と思った。

だがよく考えてみて、もし質問がこうだったらどうだっただろう。

「65歳を超えても会社勤めをしたいですか」

仕事はなにも会社勤めでなくてもできるし、歳をとっても満員電車で通勤したいと思う人は少ないだろう。収入を気にせず自分のペースでやりたい仕事ができるなら、それをやりたいと思うはずだ。

けど現実としてそんな仕事がそんなにあるとは思えない。結局は老体に鞭打って働かざるを得なくなる。

人生の終盤でそんな境遇にはなりたくない。

投資をするのはこんな理由でもあるのだ。

 

それにしても「投資の日」にこんな厚生労働白書を発表したのは単なる偶然だろうか。

 

新たに投資した銘柄

投資

今年も10月になった。本当に時間が経つのが早い。それだけ単調な日常となっているのかもしれない。

先週は、持株のうちJT株をすべて売却した。ちょうど株主優待が届いたのだが、飲料事業を売却してから優待品に飲料がなくなり、カップ麺がメインとなった。これがいまいちで、私の妻の評価もすこぶる低い。配当利回りはよかったのだが、この優待品の魅力が下がったことと、日銀によるETF買いの影響もあって大型株から距離を置きたいと思ったことから手放すことにした。

かわりに新しい銘柄を追加した。

現金で買ったのは、以下の銘柄。

  あみやき亭(2753)400株

  ピープル(7865)500株

そして信用買いで

  ポールトゥウィンピットクルーHD(3657)500株

  ユー・エス・エス(4732)500株

  マーベラス(7844)1,000株

の3銘柄。

もっと買いたい銘柄はあるのだが、ドイツ銀行の経営不安や米国の大統領選挙など波乱が起きそうな雰囲気も漂っているのでちょっと慎重になっている。

海外投資のほうは、プットオプションの売りをしたあとは何もすることがないのでたまに口座の様子を見て、追加で少しずつオプション売りをするくらいだ。

当分は日本株の動向、特に日経平均採用銘柄以外に目を向けるつもりだ。大型株はもうあまり旨味はないと思っている。

 

 

 

 

投資候補銘柄を一新

投資

日経会社情報をパラパラめくりながら、候補銘柄をピックアップした。これまで気付かなかったが面白そうな企業が数多く見つかり、またワクワクする気分的が蘇ってきた。どんな銘柄を選んだかは、今後の売買で明らかにしていこうと思う。

 

あとはいつ、どのタイミングでどれくらい買うかだ。できれば相場全体が大きく下がったときがいい。そしていつも少数銘柄に資金を集中して投資してきたが、信用取引も使い少額で幅広く買っていこうかと思っている。