読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

投資

割安って何?

マネー雑誌を読むことはないのだが、マネー雑誌の新聞広告で「割安株」を特集していた。 この「割安」という言葉は曖昧だ。何をもって割安といえるのか。ある人にとっては割安だと思っても、別の人は逆に割高と思っているかもしれない。 割安ということは、…

決算発表シーズン到来

ゴールデンウィークが始まったが、同時に企業の決算発表が本格化する。 自分のポートフォリオのうちでは、2社で決算発表があった。クイックとJACリクルートメントだ。 クイック株は一年ちょっと前に、人手不足といわれるなか業績好調で株価も割安だと判断し…

日本郵政民営化後初の赤字転落

日本郵政が買収した海外子会社ののれんを減損処理し400億円の赤字に転落するという。 オーストラリアの物流会社トール・ホールディングスの買収価格は妥当だったのだろうか。この買収を推進したのは日本郵政前社長の西室泰三氏だ。西室氏といえば東芝出身と…

翻訳サービスの淘汰が始まったか

ヤフーが翻訳サービスから撤退するという。 ネットでの翻訳サービスではグーグル翻訳の精度が上がり高い評価を得ていて、これに対抗できないと判断したらしい。 私は以前このブログでも書いたが、将来は自動翻訳によって言語の壁がなくなると思っている。東…

今年の投資の方向性

年明け後、風邪をひいて体調がすぐれなかったが、株のほうは調子がいい。 時期的に新しい目標を決めたくなるものだが、そういうのも面倒になった。ただ、投資の方向性だけは簡潔に決めておくことにした。 基本は昨年から継続し、日本株と海外投資はこのまま…

セブン銀行

含み損を抱えていた持株の一つであるセブン銀行がようやく含み益に転じた。 マイナス金利導入以来、銀行株は厳しい状況にあるが、セブン銀行も例外ではなかった。それまで含み益が膨らみ約2倍までなったが、その後みるみる下落し含み損を抱えるまでになって…

12月に入り中間配当通知が届く

12月に入り、セブン銀行とカカクコムから中間配当の通知が届いた。 この2銘柄は、奇しくも今のところポートフォリオの中で含み損となっている銘柄だ。他の銘柄は比較的堅調なのに相変わらずパッとしない。まあそれでも利益から配当をいただいているのだから…

銘柄を選ぶにあたって重視していること

株式投資にはいろいろ手法があるが、私は個別銘柄をじっくり選別するスタイルをとっている。インデックス投資家からみれば経済合理的ではないと思われるだろうが、私にとって個別銘柄を選ぶというのはその合理性を上回る楽しみがあるのだ。 では、その銘柄を…

サンマルクホールディングスの平成29年3月期第2四半期決算

今日、持株の一つであるサンマルクホールディングスの第2四半期決算が発表された。 売上高333億11百万円(前年同期比1.8% 増)、経常利益37億57百万円(同2.5%減) という内容で正直がっかりだ。 さらに通期の業績予想も下方修正している。 レストラン事業…

動かないことがいい時もある

先週のトランプ大統領の決定を受けて株式市場が大幅下落した翌日、まさかの大幅上昇だった。 選挙前に数銘柄を信用買いしていたため、大幅下落により含み損がみるみるうちに膨らんだが、翌日にはほぼ元に戻った。株価の下落は数日続くと思っていたので、そこ…

全面安というチャンス

先日は、米大統領選挙の世論調査でトランプ候補が優勢と伝わったこともあって円高が進み株式市場はほぼ全面安となった。 持株も株価が下落し、さらに前日に信用買いしていたものがたちまち含み損になった。 信用買いしていたのは、沢井製薬300株とBML500株。…

2016年10月の投資成績

今日で10月も終わり。現在保有している銘柄の評価損益率は次のとおり。 カカクコム 1,000株 −6.78% あみやき亭 400株 +2.77% サンマルクホールディングス 800株 +94.86% クイック 1,500株 +34.45% ウェザーニューズ 700株 +98.69% 日進工具 500株 …

今まで投資したことのない業種

気づいてみると投資したことのない業種が結構ある。 百貨店とスーパーも投資したことがない。 百貨店はインバウンドが落ち着いたこともあって業績が落ちている。伊勢丹新宿店ですら状況は厳しい。百貨店という業態自体に魅力がなくなってきている。服ならユ…

新たに投資した銘柄

今年も10月になった。本当に時間が経つのが早い。それだけ単調な日常となっているのかもしれない。 先週は、持株のうちJT株をすべて売却した。ちょうど株主優待が届いたのだが、飲料事業を売却してから優待品に飲料がなくなり、カップ麺がメインとなった。こ…

投資候補銘柄を一新

日経会社情報をパラパラめくりながら、候補銘柄をピックアップした。これまで気付かなかったが面白そうな企業が数多く見つかり、またワクワクする気分的が蘇ってきた。どんな銘柄を選んだかは、今後の売買で明らかにしていこうと思う。 あとはいつ、どのタイ…

会社四季報か日経会社情報か

株式投資するにあたって、企業のことを知るための手がかりとなるものとして会社四季報や日経会社情報がある。 今日はその秋号の発売日だった。 世間では会社四季報のほうが知名度があり、個人投資家も会社四季報を選ぶことが多いらしい。出版している東洋経…

貯蓄習慣

投資を始める前は給料日に一定の金額を貯蓄することを習慣としていた。余ったら貯蓄するのではなく、収入があったときにすぐに別の銀行口座へ振り込み、残りで生活費を賄う。この方法が最も確実に貯蓄できる。 そしてある程度貯まったところで投資を始めた。…

投資の醍醐味

今週は、新たな銘柄に投資した。 投資したのは、 ロゼッタ 100株 三菱UFJリース 1,000株 の2つ。 ロゼッタは自動翻訳サービスの企業だ。 私は近い将来に自動翻訳により言語の壁がなくなると思っている。そして語学学校もなくなると思っている。この考えに当…

心機一転

しばらく投資は控えていた。 投資する環境があまり良くないと感じていたこともある。また、新しい銘柄を発掘することもしていなかった。いい銘柄は見つからないと思っていたからだ。 でも、今日久しぶりに投資候補を見直してみた。これまでの基準には大きな…

重要イベント目白押し

これから相場に影響を与えるイベントが目白押しだ。先ほど米国の雇用統計が発表されたようだ。市場予想を上回る結果で、利上げへの材料となるだろう。円高の流れが弱まるかどうか。この後は参議院選挙があり、週明けには南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定が…

今年前半を振り返る

早いもので今年も半分が過ぎた。 投資のほうはイマイチだったと言わざるを得ない。 現在の持ち株の評価損益率は次の通り。 JT 400株 19.27% サンマルクホールディングス 800株 103.66% クイック 1,500株 -1.63% ウェザーニューズ 700株 120.03% 日進工具 50…

英国のEU離脱という衝撃

本当ににまさかの事態となった。急激な円高と株安となったが、狼狽する必要はない。冷静に考えれば欧州と関連性が低く円高によるメリットがある内需株はチャンスだろう。また、海外投資ではオプション取引でキャッシュ・セキュアード・プットという戦略を考…

市場が動揺している中で

しばらく海外投資に目を向けているうちに英国のEU離脱が現実化するか否かで動揺が広まっている。株価も一気に下がり、持株も少なからず影響を受けている。とくにセブン銀行の含み益がみるみるなくなり、ついに含み損に転じてしまった。でも全く慌てていない…

海外証券口座開設完了

ようやく海外証券口座の開設が先日に無事に完了した。早速、国内銀行からネットで円建で送金手続きし、これも無事に完了。そして証券口座内で円からドルに両替するのだが、トレード用のソフトウェアの操作に手間取る。両替手順の手引があったのでそれを見な…

定期的収入について考える

先日、日経新聞で毎月分配型投資信託のシェアが低下しているという記事があった。毎月分配型投資信託は投資商品として薦められるものではないと思っているが、こうしたものが人気集めるのは「毎月の定期的な収入がある」というのが大きな理由だろう。最近、…

海外投資への準備 その2

前回の海外投資への準備は、海外送金をするための手続きだったが、今回は海外の証券会社に口座を開く手続きをした。海外の証券会社はインタラクティブブローカーズ証券という会社で、オンラインでしかも日本語で口座開設ができる。とは言うものの、実際に手…

海外投資への準備

海外投資を本格化するべく準備をはじめた。 まずは海外の証券会社に口座を開く必要がある。海外の証券会社というと難しそうに思うが、インタラクティブ・ブローカーズ証券という海外の証券会社が日本語で口座開設できることを知った。この証券会社は手数料も…

井の中の蛙

週末は投資のことをいろいろ考える。初めはリートへの投資について調べていたが、そのうち海外投資のことへ興味が移り、そして調べているうちに海外投資に本格的に取り組むことを本気で考えるようになった。海外への投資といっても今まではETFで海外株式へ投…

カリスマ経営者の功罪

セブン&アイ・ホールディングス経営陣の新体制が決まった。一連のゴタゴタが鈴木氏の退任という形となったわけだが、その鈴木氏を最高顧問といった名誉職で処遇するかどうかでまたひと悶着あるかもしれない。最近はセブン&アイに限らず、経営陣のゴタゴタが…

エーアイテイーの平成28年2月期決算

私の持株の主力であるエーアイテイーの決算が発表された。 結果は通期予想に届かず、売上高・営業利益・経常利益は前年割れという厳しい内容だ。暖冬によって季節商品の荷動きが鈍り、貨物の取扱い量が減ったことが大きな要因のようだ。ただもっと大きく見れ…

世間のイメージする「株式投資」への違和感

もうすぐ新年度が始まる。この機会に株式投資を始めようと思っている人もいるだろう。そういう人も含めて世間での「株式投資」についてのイメージは、「株式市場での売買によって儲けるもの」ということだろう。 私はこれにすごく違和感を持っている、という…

ウェザーニューズ 平成28年5月期第3四半期決算

ウェザーニューズの平成28年5月期第3四半期決算が発表された。 売上高は前年同期比5.8%の増加だったが、経常利益は12.1%減、純利益は9.5%減といまいちの内容。通期の業績予想には変更ないのであまり気にすることもないか。 詳しくみてみると為替の影響が大き…

ストックからフローへ

投資を始めたころは、資産残高をとにかく増やすことを考えていた。 まずは貯蓄をして投資のための種銭をつくり、ある程度貯まったところで投資する。投資で利益がでたら再び投資していく。この間でも貯蓄は続け、投資へと回していく。 そうして資産が徐々に…

消費目線と投資目線

今、一眼レフカメラを買おうと思っている。 子供の成長を記録するためにいい写真を撮りたいということもあるのだが、写真というちょっと創造性を刺激することに興味がわいてきたのだ。またカメラのようなメカニック的なことも好きなので趣味としてもちょうど…

マイナス金利の波紋

マイナス金利という言葉が広く浸透し始め、影響が出つつある。だが、期待するような影響ではないようだ。資金需要が増えるというより、世の中では金庫の需要が増えるという皮肉な状況だ。また、理論株価やオプション価格も従来のように計算できないという。…

著名投資家動く

著名投資家であるウォーレン・バフェットが動いたようだ。石油・天然ガスパイプライン大手のキンダー・モルガン株を取得したという。また、ジョージ・ソロスも同社株を取得したという。偉大な二人の投資家が相次いで同じ企業の株を、原油安で不安渦巻くこの…

投資のこれまでとこれから

マイナス金利という投資環境から、どう対応すればいいのか迷う人も多いようだ。こういう時期には自分の投資手法を一度考え直すこともいい。最近の下落相場で眠れないほど不安になっているようなら、自分に合っていない投資法なのかもしれない。私は投資額に…

闇が深くなるのは夜明け前であればこそ

相変わらず株安が止まらないでいる。一気に円高にも振れてきた。この荒れた状況に翻弄されている投資家も多いだろう。私も信用取引で含み損を抱えている。誰だって損するのはいやだ。でも投資をする以上、損をするという経験は避けられない。その損にどう向…

キャピタルゲインよりインカムゲイン

決算発表が本格化し、自分の持株でもサンマルクやセブン銀行の決算発表があった。内容は良くも悪くもないといったところ。全体的に来季にむけて業績予想が弱気になってきていると感じる。そうなると株価は今後も冴えない展開となるだろう。こう株価のボラテ…

保有銘柄の決算発表

保有銘柄である日本トリムと日進工具の決算が先週発表された。 いずれも業績好調で、日進工具は業績予想を上方修正し、さらに増配も発表した。 日本トリムも増配を予定しているので配当収入が伸びるのは本当にうれしい。 やはり金融緩和を頼りにするのではな…

マイナス金利より着目すること

日銀のマイナス金利導入には驚かされた。株価は乱高下し、短期投資家にとっては忙しい日だったに違いない。でも私が着目するのはマイナス金利ではない。企業の決算発表シーズンになり、決算内容を吟味することのほうが重要だ。新たに投資したクイックの決算…

新たな保有銘柄

この頃、仕事が忙しく帰宅するのは日付が変わる頃だ。必然的に株価のチェックもなかなか出来ない。そんな中でも今週月曜日に現物株を現金で買った。銘柄はクイック(4318)。1,000株注文したが指値でヒットしたのは700株。いずれ下落する場面が来るだろうと思…

世の中うまくいかないものだ

金曜日は狙いを定めた銘柄を買おうとしたが、指値にヒットせず買い損ねてしまった。 世の中うまくいかないものだ。 それで週末は銘柄候補をチェックして再確認し、週明けに備えることにした。 再確認したことで、迷いはななくなった。 これだけ株式市場が動…

目利き力

株式市場で下落が続き、割安感のある銘柄が増えてきている。今日は新たな候補銘柄を加えた。こういう時こそ投資家としての目利き力を鍛えるときだ。これから第3四半期決算の発表シーズンとなる。これも利用して有望な銘柄を探したい。いっそうチャンスが増え…

人間は感情の動物

先週の株式市場での不安定さが、さらなる不安を招いている。そんな中、オリックス株を1,000株信用買いした。東レ、HOYAに続き3つめだ。株価が動く要因としては心理的な面が大きいと思っている。人間は感情の動物であって、いくら理性的に判断しているつもり…

チキンレース

株安が止まらない。 下がれば買うタイミングを狙っていたが、もう少し様子見して待つことにした。 人民元安と原油安が大きな要因だが、含み損に耐えかねて株を手放す投資家が増えているのだろう。どこまでこうしたチキンレースに耐えられるか個人投資家が試…

悲観と楽観

年明けから大きな出来事が立て続けに起こっている。上海株式市場でサーキットブレーカー発動により取引停止。サウジとイランの対立。北朝鮮の核実験。原油価格の下落。これだけあれば投資には悲観的な気分になるのも当然だ。だが、みんなが悲観的になってい…

来年に向けて銘柄発掘

今年もあとわずかとなった。年末年始は暦の並びが悪く冬期休暇が短めなため、遠出はせず家でゆっくり過ごすことになりそうだ。こういう時は、投資候補となる銘柄発掘をじっくりできるいい機会だ。今日もこれまで注目していた銘柄を見直し、入れ替えを行った…

想定通りの米利上げ

米連邦準備理事会が利上げを決定した。これを受けて株価は大幅に上昇。おかげで信用買いしていたホンダ株も上昇し、想定より早く利益確定できた。この大きなイベントも通過したことだし、今年の取引はこれでおしまいかもしれない。できれば割安な株を見つけ…

給与所得だけでは裕福になれない

消費税の軽減税率が外食を除く全食品に適用すると自民党と公明党が合意した。この軽減税率というのは愚策だと思っている。低所得者への配慮と言っているが、高所得者にだって同じく軽減税率が適用されるのだから結局たいした意味がない。さらに税収が減る分…