読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

テスラの電気自動車の納車が日本ではじまることで思ったこと

アメリカのテスラ・モーターズの高級電気自動車の納車が日本で始まるそうだ。

日経電子版の記事を読んで、近い将来自動車のすべてが変わるのではないかということとそれによって自動車産業が大きな影響を受けるのではないかと思った。

電気自動車は従来のガソリン車に比べ、構造が非常にシンプルだ。部品の数が圧倒的に少ない。そのため生産工程が簡略化され、極端にいえば電池とモーターを準備して好みのボディーをつければできあがりとなる。

 

こういった電気自動車が普及すれば、これまでのガソリン車のエンジンなどもなくなり、自動車部品メーカーは大打撃を受けるだろう。自動車産業のすそ野は広く、住宅と同様に経済的影響が大きい。当然雇用にも影響がでるだろう。

 

また、自動運転技術が結びつけば、自動車の所有形態も変わるかもしれない。マイカーというのが少なくなり、カーシェアリングが増える。そして自動車を貸し出すリース・レンタル会社が増えるかもしれない。一方でローンを組んで購入する人が減り、金融機関の収益にも影響する。

 

などなどいろいろ思いつくまま書いてみたが、実際どうなるかはもちろんわからない。ただ投資家目線で注意深く自動車関連産業の動きを見ていきたいと思う。

 

それはさておき、テスラ電気自動車は乗ってみたいなあ。