投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

市場の歪みはいつかは解消される

スイス国立銀行スイスフラン高を抑えるために行ってきたユーロ買い・スイスフラン売りの無制限介入を突然やめることを発表して波紋が広がっている。

今週、欧州中央銀行がユーロ圏の国債を購入する量的緩和を実施する可能性が高くなり、スイス国立銀行も介入継続が難しいと判断したのではといわれている。

 

理由はどうあれ、介入によって市場が歪んでいたためそれが解消に向かう時、一気に大きなショックとなってしまったのだろう。

 

日本も日銀が異次元緩和によって国債ETFが買われており、そうとう市場が歪んでいるともいえる。特に国債市場での歪みが大きいのではないか。今日も長期金利がさらに下がった。

それにしても世界的に金利が低くなっている状況はなんだか不気味だ。