投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

投資家にとってのブラック企業

東芝の不適切会計問題により経営トップの辞任が決まった。これまでマスコミでは「不適切会計」という言葉が使われ、なぜか「粉飾決算」とは言われていない。何か政治的な思惑があるのかもしれないが、経営陣の記者会見を見ても経営者というより官僚的なものを感じる。

そして会計に携わる者からすれば、今回の不適切な会計処理にいたった経緯をみると会計をナメているとしか思えない。

この経営者は「会計などどうにでもなる」と潜在的に感じているのだろう。会計は企業の実態を表現するものであって、そこから事業において何が問題なのかを考え、事業をいい方向にもっていくというのが経営というものだろう。

それを会計で表現されたものを見て気に食わないからなんとかしろ、というのでは経営者という名に値しない。

この不適切な会計処理にかかわった現場の会計担当者はどんな気持ちで仕事をしていたのだろう。こんなこと不本意だろうし、内心悔しい思いをしてい人もいるに違いない。

 

今回の件で、投資家からの信用は地に落ちた。特に海外投資家は東芝のような企業が他にもあるのではないかという疑いの目で見るだろう。

従業員に過酷な労働を強いる企業をブラック企業と呼ぶが、投資家にとってのブラック企業は虚偽の情報を開示する企業だ。

本来なら市場から退出してほしいが、東芝のような巨大企業はなんだかんだ理由をつけて上場維持されるのだろう。だが少なくとも私はこのような企業には投資することはない。