投資狂日記

株式投資が大好きなぐうたら人間の自由気ままなブログ

覚悟としたたかさ

新聞の広告で目にして気になった本があったので、電子書籍版を購入した。

 

カイジ「したたかにつかみとる」覚悟のはなし』 木暮太一 著

 

なぜ気になったのかといえば、広告に載っていたこの本の冒頭にあるこの文章を読んだからだ。

 

「成果を出せる人と、出せない人

 目標を達成できる人と、達成できない人

 夢をつかみ取れる人と、夢が夢で終わる人

 これらの違いはどこにあるのでしょうか?」

 

成果を出すためいろいろ本を読んだりセミナーを受講したりして、知識やノウハウをため込んでも現状は変わらなかったという。

そして著者は気付いたという。

『必要なのは「やり方を知っていること」ではなく、「どんなに不格好でもいいから、覚悟を持って突き進むこと」なのだと。』

 

そしてもうひとつ、「したたか」であるということだ。

「したたか」という言葉には打算的であまりいい響きはない。しかし、「したたか」という本来の意味を誤解していると著者はいう。

「したたか」は「強か」と書く。その意味は、以下のとおり。

1.粘り強くて、他者からの圧力になかなか屈しないさま。

2.強く、しっかりしているさま。

3.強く勇猛であるさま

 

この「覚悟を持って、したたかに生きよ」というのがこの本での著者のメッセージなのだが、確かに「覚悟」を持って行動している人はそう多くない。あれこれ言い訳をいい、判断に時間をかけ、よほど切羽詰まらないと動かないのものだ。だからこそ覚悟を持って行動したとき、本当につかみたいものを手にできるのだろう。

 

私が株を初めて買おうとしたとき、とても不安で怖かったことを思い出した。せっかく貯めたお金を失うことになるかもしれない、と。

それでも株式投資という世界へ一歩を踏み出した。今思えば、ある種の「覚悟」があったのかもしれない。経済的に自由になるためには、この恐怖を乗り越えなければならないと思ったのだ。

現在の不安定な株式市場の中で投資するときに、この「覚悟」がまた試される。

そして「したたか」に生き残る投資家でありたい。